宮 ウ ラ・・・・

銀色の馬車でどこへゆく・・・

きらり、どこか華奢にみえる京浜東北線に乗って

列車は北へ 大宮へ・・・

車体 加齢する、加齢する 車体

車掌 加齢する、加齢する 車掌・・・・

わたしはちっとも気づかなかったわ

目に見えるすべてが加齢する、

なんて

落ち葉の林を駆け抜ける銀色の列車・・・・

制度 加齢する、加齢する 制度

法律 加齢する、加齢する 法律

家に帰ったら排泄物の置き場所を作らなくちゃ

家に帰ったらすべての持ち物の捨て方を

決めておかなくちゃ

わたし 加齢する、加齢する わたし

きょうも 加齢する、加齢する きょうも

いつのまにか品川にはビルがたくさん立ち並んでいた

それが 加齢して、加齢して ゆく

ぴしぴし、そんな 音が 

するわ

おそれないで進むのね

ぴしぴし、腹部が割れる音がする

おそれないで進むのね

まだ東京にも青空が来た

手をかざして進むのね

加齢のヴァレイを

ぐいぐいと

品川のスターバックスコーヒーからは、新幹線の駅員さんが見えました。

ここもまた駅員CAFE(駅員さんが見えるCAFE)ですね。

手帳に書いておこう・・・。

明日は仕事でdeepな感じです。まあ、ふだんあまり仕事をしないので、たまにはいいかという感じですが・・・。

ほんとわたしは日々寝てばかりいて、ゴロゴロしてばかりいて、おやつはマーマレードを舐め舐め、ああ、いったい、何をしているんだろう・・・・。なんかすごく、達観しすぎというか、最悪の事態ばかり考えて、たとえばあした自分に不幸がくる、とかそんなことを考えると、先々を思って何かをする、ということが出来なくなってしまいます。

うーん、もっと働いて、貯金を増やしたほうがいいのかな。

加齢する、加齢する、なんだかあっという間のここ数年なのに、わたしが寝太郎している間に年月が経過してしまった。

いまの最大の仕事は、ブルーベリーの水やりです。